FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.14 (Fri)

特別養護老人ホーム

先日、特別養護老人ホームの施設概要をテレビで放映していた。

こう言っちゃ何だが、何か保育所のお遊戯の時間のようなことをしていた。
もし、自分が特養(特別養護老人ホーム)に入ったら、あんな事をしなければならないのだろうか?

最近、病院も治療を行う病院とリハビリを行う病院に機能分化しているみたい。
リハビリ病院では、輪投げをしたり塗り絵をしたりするという。
これもちょっと釈然としない。

年をとったら、筋力も落ち、運動能力が低下するだろう。
身体能力は落ちても、頭は大人だ。
もう少し、なんとかならないのだろうか?

子供でも、子ども扱いしたら怒るのに・・・

話し言葉も子供に話しかけるように話していた。
やさしく声をかけているつもりなのだろうけれど、なにか「小さな親切、大きなお世話」といった感じ。
普通に、おとな対おとなとしてしゃべれないのだろうか?
少し記憶力が衰えたって、過去何十年の経験は残っているだろう。
最近というか、さっきの事はすぐ忘れても、昔の事はよく覚えている。

例えば、少し失敗したとしても、怒られたりしたら、きっと本人は悔しい思いや情けない思いを持つのではないだろうか。そこら辺は、運動能力・機能低下の問題なのだから、本人の自尊心を傷つけるような事はないのだろうか。

運動能力・機能低下にばかり目を向けないで、本人の気持ちのケア、本人が生きる喜び、前向きな気持ち、向上心を目覚めさせるには、どういった言葉をかけ、どう対応するといったものまで考えたら、テレビで見たような情景は変わっていくのかもしれない。

介護はサービス業だから、ディズニーランドと同じ業種と考えたら良いように思う。


ビジネス四つ葉倶楽部のトップページ
事業再生、第二創業に役立つ


小澤会計事務所のトップページ
税務会計、相続のご相談窓口


スポンサーサイト

テーマ : ビジネスブログ - ジャンル : ビジネス

12:04  |  日記  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。