2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.20 (Thu)

事業仕分け

公益法人というのはすごい。

仕事はまったく民間がやっていることと同じようなことをしている。
それでいて、りっぱな事務所にいる。
非常勤の人にもりっぱな部屋がある。
りっぱな会議室がある。
東京都内にあるところは、貸し会議室がまわりに豊富にある。
必要は時に借りれば良いのにね。

ほんでもって公益法人は、税金がかからない。
その分安く受注できるところが、補助金で運営されているから値段は高いことが十分予想される。
決算書は公開されていないから、本当のところはわからない。
人件費もわからない。
民間の平均給料は400万円台。
公益法人の平均給料はどれくらいなのだろう。

テレビで見ている限りでは、その公益法人を飛ばして直接民間に発注すれば良いのにと思ってしまう。
民間は信用が第一だから、単価が安くても良心的に仕事をする人が多い。
しかも優雅な事務所というわけでは無い。
世界が違う。
でも税金はそこに流れる。
歳出は多いから国債はどんどん発行される。

公益法人は守られて、国家破綻の道は広がっていく。

どこが公益かというと、元官僚を養う上で公益なのかと思ってしまう。

スポンサーサイト

テーマ : 意見・つぶやき - ジャンル : ビジネス

10:52  |  国家破産  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.11 (Tue)

国家破産(ギリシアは国家破産を回避したか?)

ギリシアの財政危機に対して、EUは総額7500億ユーロ(約89億円)の金融支援策を打ち出した。これを受けてか、ギリシアの10年もの国債の金利が先週末約13%から8%前後まで低下したそうだ。
とりあえず、第一波はかわせたようだ。
次は、ギリシアの財政再建がどのようになるかというのが焦点になるだろう。

これをみて心配になるのが、日本である。日本の国家破産になるであろう頃は、もう少し先の話で、2012年~2020年になろうかと思うが、その頃、日本を救う国があるのだろうか?
第一に思い浮かぶのはアメリカだ。ギリシアはEUが支援した。日本はアメリカが支援するだろうか?その頃、アメリカは日本を助けるだけの余力があるのだろうか?

今の日本はGDP世界第2位の経済大国だ。
今年中国に抜かれるといわれているが、抜かれても第3位。これだけの経済大国が国家破産したら、世界の経済に与える影響はきわめて甚大だろう。ひょっとしたら、アメリカではなく世界が日本を救うかもしれない。

救われたとして、その時の日本はどうなるのだろうか?
今後のギリシアの情勢を注意深く見ていきたい。


ビジネス四つ葉倶楽部のトップページ
経営をより確かなものにするために セミナー情報はこちらから


小澤会計事務所のトップページ
税務・会計はこちらから


テーマ : ビジネスブログ - ジャンル : ビジネス

10:14  |  国家破産  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.10 (Mon)

国家破産で直撃される人々

もはや国家破産は、規定の路線と言ったほうがいいと思われます。
というのも、国家破産を回避するには国家の借入金が多すぎる。
今の状況で、あるいは過去の状況を見ても、日本が借入金を返済する事はきわめて困難で、今や財政規律の正常化や中途半端な増税で国家破産を回避する事は極めて難しい状況かと思います。
これからは、国家破産しなかったらラッキーぐらいに考えて行動したほうがよさそうです。

ところで、国家破産で直撃されるのは、医者や公務員、中小企業経営者だとも言われています。

身近な例として普通のサラリーマンを考えてみます。
年50%~年1万%のハイパーインフレが起こったとします。
年1万%というのは、100円のものが1年後に1万円になるインフレです。
つまり100倍になります。
そんな馬鹿なインフレ率なんてあるはずない!
そうおっしゃる方もいると思いますが、最近破産したアフリカの国では、年3億3000万%のインフレが起こったと聞きます。
日本が破産したとき、年1万%が無いと言い切れるでしょうか?

とりあえず、ハイパーインフレになったとします。
サラリーマンの給料はどうなるでしょうか?
インフレに応じて給料もあがるでしょう。
ですから心配ない、とはいえません。

その頃には会社もインフレ率をみながら給料を決めているかもしれません。
ですが、給料を決めたときから、実際の支給の時までにもう少しインフレは進んでいます。
また、支給を受けたときから実際に使うとき(物を買う時)までにもインフレは進行しています。
翌月の給料も又同じことが繰り返されます。
つまり給料は、インフレの後追いしかならないのです。
実質の購買力はどんどん下がっていきます。
これも、会社が倒産しないという前提です。

インフレは特に食品の値段が上がるようです。
購買力の下がった分、食品にまわすお金が多く使われ、他にまわすお金がなくなってくる。
国家破産によって医療制度は崩壊する。
医療費なので削らないと思われるのだが、実際はそうではないらしい。
ある医者によると、今の医療の8割は、緊急性の低い病気・すぐに生き死にに関係しない慢性疾患が多いそうです。
そういった病気の治療が激減すれば、医療の仕事が2割、3割は簡単に無くなってしまいそうです。
過去の恐慌時には、やはり大きく所得を減らしたのは医者だそうです。

医者も安閑としていられない。

開業医も勤務医も医療以外の知識が必要な時代が来るかもしれません。



ビジネス四つ葉倶楽部のトップページ
時代の流れをつかむ倶楽部

小澤会計事務所のトップページ
会計税務の専門家

テーマ : ビジネスブログ - ジャンル : ビジネス

12:58  |  国家破産  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。