2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015'12.04 (Fri)

経営効率を良くするために

総資産利益率とは、投資したお金が何%の利回りで運用されたかを示す総合的な指数です。
100万円の投資をして、年間1万円の利息を得れば、それは1%の利回りであることはご承知のことと思います。これを企業に当てはめて考えると、企業として運用している資産は、貸借対照表の一番下の資産合計の金額で、利息に相当するのは損益計算書の一番下の当期純利益(損失)です。
例えば、1億円の元手が、現金預金、建物(工場や店舗)や機械装置、工具器具備品、土地、棚卸資産、前払費用、保険積立金、などの資産に変化して総資産を形作っています。これらの資産を活用して(分母)、最終どれだけ儲かったか(当期純利益)を分子にして計算します。
この総資産利益率が上がれば効率の良い経営という事になります。逆にこの率が毎年下がっていくようだと、年々、経営効率が低下していることになります。
総資産利益率を向上させるためには、無駄な資産を持たないという方法があります。無駄な資産を少なくし、利益の出るところに資源を集中することを、「経営資源の集中」と言ったりします。「遊休資産」の売却もその一つです。遊休土地だけど、将来、工場を建設するなどの利用を考えている場合、1~2年の活用も考えられます。そんな場合には、駐車場事業も一つの方法です。
スポンサーサイト
18:04  |  経営計画  |  EDIT  |  Top↑

2015'10.28 (Wed)

企業の持続的発展を目指す会計セミナー 開催

企業の持続的発展を目指す会計
事業の先行きに不安を感じていませんか?
借入金額はどれぐらいが適正と言われているかご存知ですか?
売上高がどれだけ減少したら、利益が無くなりますか?
売上高がどれだけ減少したら、借入金を返済できなくなりますか?
資産が増えることは、良い事ですか?

これらを一挙に解決するセミナーが、無料 で開講されます。
事業計画を作るためのソフト、6か月資金繰り表、毎日の売上集計など、Excel版のソフトが8本入った「会計ふきゅうソフト」が 無料 で入手できます。
なぜ、そんなことができるかといえば、中小企業基盤整備機構及び(一般社団法人)日本経営士会が主催している補助金の対象となっているセミナーだからです。

開催日時  11月6日(金) 13時30分~16時30分
会  場  本町和光ビル11階会議室
      大阪市中央区北久宝寺町2丁目1-7
      地下鉄 堺筋本町(10番出口) 下車5分
定  員  20名
費  用  無料 
講  師  経営士・税理士 小澤康宏
      <著書 「中小企業の社長に役立つ本」風詠社、「事業承継バイブル」風詠社、「経営者のための安心ライフノート」PHP社(28年1月発刊予定)>

お申込みは  
連絡先 小澤会計事務所 TEL 06-6152-6405 
E-mail mss@gold.ocn.ne.jp 小澤まで
15:30  |  経営計画  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.19 (Wed)

株式総会の召集手続き

株主総会の時期になってきました。

3月末決算法人の中小企業では、2ヵ月後の今月が多いでしょう。
定款で3ヵ月以内に定時株主総会を開く会社は来月が総会です。

とはいっても、多くの中小企業はほとんど株主総会を開いていないのが実態でしょう。
社長一人が株主の場合は、開く意味もあまり無いと言えるかもしれません。
その場合は、株主総会議事録を用意すればおしまい。
場合によっては、取締役が集まって決定書等を作成する。
最近は税務的な要請で各人ごとの年間報酬、月額報酬、事前確定届出給与などを書類に残しておく必要があります。

複数人の株主がいる会社では、招集通知が必要な場合もあります。
招集通知には、以下のような記載が必要です。(必要なものを選択してください)
(1)株主総会の日時・場所
(2)株主総会の目的である事項
(3)書面により議決権を行使できる場合は、その旨
(4)電子的方法により議決権を行使できる場合は、その旨
(5)その他法務省令で定められている事項

ただし、取締役会非設置会社は、招集通知を口頭でしてもいいですし、電話で済ませても良いです。
取締役会設置会社は、通知を出す必要があります。
また、株主が全員出席する総会は、招集通知がなくても適法に開催されたことになります。
その他招集通知を省略できる場合があります。

招集通知に添付書類が必要な場合もあります。
取締役会設置会社は、計算書類、事業報告、監査報告を添付書類になります。
取締役会非設置会社は、原則的には上記書類の添付は必要ありません。
(書面投票、電子投票をする会社は、添付が必要になります。
会計監査人設置会社は、もう少し別の資料も必要になります。
会社のあり方(機関設計)によって違いますのでご注意下さい。

定款に特に定めが無ければ、総会の1週間前に出さないといけないので、準備が大変です。

経理・総務関係の人が忙しい時期です。
お体、ご自愛下さい。


ビジネス四つ葉倶楽部のトップページ
事業再生のご相談は、こちらから


小澤会計事務所のトップページ
税務・会計のご相談なら、こちらへ


テーマ : ビジネスブログ - ジャンル : ビジネス

09:53  |  経営計画  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.17 (Mon)

景気回復期待

最近、新聞紙上を賑わしている言葉がある。
「営業増益」
「増収増益」
ちょっと見ただけでも、合繊、アルミ、住宅、製薬、印刷大手、情報サービス、機械工具商社、切削研削工具、射出成型、などなど。
様々な業種で、増益や受注の増加を見込み、業績回復基調が徐々に膨らんできている。

一方で、ジャスダック上場のプロパスト(住宅、マンション開発)は民事再生法の適用申請を行い保全命令を受けたという。

リーマンショックのせいにするのは簡単だ。
プロパストの詳しい内容については知らない。
しかし、こういった企業の流れを見ていると一つの推定が出来る。

リーマンショックで業績が悪くなったところは多い。
そのなかで、次の回復期まで我慢できるところと、出来ないところがあるということだ。

業績好調のときには、ついつい、いつまでも業績が良いと勘違いする人は多い。
バブルのときもそうだったですね。
変だとは思いながら、みんなが株と土地の右肩上がりを信じていた。
いつまでも上昇を続けると思っていた。
「株をしない奴は馬鹿だ」とまで言っていた人がいた。

業績が良い時は、社内でも「イケイケ、ドンドン」だ。
固定費はうなぎのぼりに上昇し、在庫は膨らむだけ膨らむ。

上場企業は、減損会計を導入しているから、在庫が膨らんでも評価減というシグナルが鳴る。
中小企業で減損会計を導入しているところは、まず、無い。

業績が良い時に、今のお金の使い方(現在投資)と将来のお金の使い方(将来投資)を検討しないといけない。
攻めの投資と守りの投資。

そんなことを考えながら経営していけば、逆境のときも耐えられ、成長の時に攻められる。
経営とはバランスだといった人がいた。

業績回復の時には、業績回復時の経営が必要だし、業績悪化時にはそれに対応した経営が必要だと思う。
将来を見据えた計画作りが必要な理由もそこにある。


ビジネス四つ葉倶楽部のトップページ
企業経営の真髄がわかる


小澤会計事務所のトップページ
税務・会計の専門家

12:01  |  経営計画  |  EDIT  |  Top↑

2010'04.28 (Wed)

事業計画(経営計画)とは?(2)

前回、事業計画とはで、まず経営理念のことを書きました。

よくある質問で、「事業計画(経営計画)をいつ作るのか」というのがあります。
1年計画は事業年度開始前にこれからの1年を作ります。
中期計画は、3年間だったり5年間だったりします。
長期計画は10年ですが、あまり見かけません。
作ったとしても、大雑把にしか作れません。
「こんな風になったら良いなぁ~」ぐらいですか。

お勧めは3年計画です。
これは漠然としたものではなく、結構具体的に物事を考えなくてはいけないぐらいの期間です。
なにかしようと思えば、その準備も含めて考えなければいけないので、車のコマーシャルのようですが、「3年位がちょうど良い」
経営者の方々の感想を聞いても、そのぐらいが感覚に合うようです。

じゃあ、その3年計画を作ったら、その変更はするのかしないのか?
これは、考え方が二つあって、3年間はそれを目標にするのだから安易に変更すべきではない。
もうひとつは、1年ごとに見直す。
これは、状況変化に対応するためには柔軟に計画を変更したほうがいい。
常に3年後も見つめ直しながら進めることになります。
それぞれ、一長一短あります。
また、企業規模にもよります。
ある程度組織になった会社なら、3年間固定するほうが社員に浸透しやすいし、あんまり変更ばかりしていると社員が「この会社どうなってるの」って不信感のようなものが芽生えて来ても困ります。
しかし、そのようにすると時代の流れに迅速に対応できないという欠点があります。
小さな会社なら、1年ごとに見直しても良いように思います。
業界の環境変化の激しい会社なら、1年ごとに見直したらいいでしょう。

どのようにするかは、その会社の状況にあわせて選択することになります。

ひとつの解決方法は、3年計画はそれはそれで固定しておいて、別にある一定期間ごと(半年ごととか1年後とか)に見直したものを作る。
あるいは、状況が大きく変化した時に作り直す。
特に中小企業の場合、何かしらの投資が事業の内容を大きく変化させることがあります。
工場を作ったり、機械を新設したり、店舗を作ったり、人を増やしたり。
これらの状況が売上や利益にどう影響するかを見ていくのが良いと思います。


ビジネス四つ葉倶楽部のトップページ
事業計画をつくるなら・・セミナー情報


小澤会計事務所のトップページ
会計税務のプロフェッショナル

テーマ : 中小企業の経営 - ジャンル : ビジネス

15:05  |  経営計画  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。