2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016'02.08 (Mon)

パナノニックが野菜生産

生鮮野菜が工場で生産される。シンガポールのスーパーで売られているそうだ。
作っているのは「パナソニック」だ。

電気製品ではない。

パナソニックの野菜は、普通より2倍高い。
なのに売れている。

シンガポールでは、輸入野菜がほとんどで、輸入野菜の残留農薬に不安を抱いている消費者が買っているそうだ。
工場で作られた野菜は、厳重に管理され、安心安全な食品として人気がある。

天候の影響を受けず、生産技術も急速に進化しているようです。
シンガポールに限らず、マレーシア、ベトナムや中国南部でも野菜工場ができている。

一方、日本はどうか。

農業においても高齢化である。農業といえばおじいちゃん、おばあちゃんのイメージがあります。
実際、家庭菜園の域を出ない農家も多いという。

原則、株式会社は日本の農地で生産ができないので、昔ながらの労働集約型産業が続いています。

野菜工場の生産性が向上すれば、日本でも野菜工場がもっとできるでしょう。

野菜工場は農地を必要としないので、農地は農業専用の工業団地に生まれ変わるかもしれない。

近代的で清潔な大規模工場が立ち並び、その中でLEDライトに照らされて出来た野菜が専用トラックで出荷される光景が日本各地でみられるようになる。
日本の農業の近未来は、そうなっているかもしれない。

今まで日本は中小零細の農家を守ってきたのだが、その道は大きく変革される。

農業は工業と同じように、大規模工場化し生産性が重視される形態に生まれ変わる可能性があります。

そのとき、農林水産省は経済産業省に吸収されているかもしれませんね。
スポンサーサイト
10:25  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2016'01.29 (Fri)

安心して引退したい経営者のための本

長年、辛苦をともにして育てた会社。
愛着とともに、一線を退く時期を考える経営者。

そんな経営者の方の安心ライフをサポートする一冊です。

経営者なら誰もが通る事業承継への道。
その承継問題に焦点を当てました。

また、承継問題とともに切っても切れない相続問題。
節税策とともに、争族にならないための相続にも言及しています。

経営者や資産家の方々「特有の問題」に加え、一般に売られている「エンディングノート」にもある自身の人生の振り返りや、家族・友人への思い、これからの夢へのプランニングなど、充実した内容になっています。

コンソーシアムDブレーンに所属する専門家が書いた「経営者のための安心ライフノート」。

PHP研究所から今月、平成28年1月15日に発刊されました。

ぜひ、お手に取って、引退後の夢を実現するスタートのためにご利用ください。

安心ライフノートのご購入は PHP研究所
10:40  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2016'01.11 (Mon)

小学校6年生は勉強し過ぎ??

全国学力・学習状況調査の結果です。

勉強時間
A層(上位25%)
3時間以上   24.4%
2時間~3時間 16.1%
合計すると2時間以上が40.5%。

正答率の順に、A~Dの四つの層に分解して、各層別に学習時間が調査されています。
(小学校6年生対象)

これを見てすごいと思いましたね。
自分が小学校6年生のとき、1時間してたっけ??

ましてや2時間とか3時間なんて絶対にしていなかったと思う。
40.5%といえば、クラスの半数近くが2時間以上勉強しているわけです。

時代が違うのでしょうが、ちょっと違和感を覚えます。
そんなに勉強するのは、中学受験の影響でしょうか?

集計は、学校以外に普段(月~金)の1日当たり勉強時間です。

「そんなに勉強して、人間として大丈夫かなぁ」という感想です。

小学生といえば友達同士で遊んで、順番を抜かされたとか、つまらないことで喧嘩する時期です。

そんな友達同士のいさかいで、怒ったり、妥協したり、絶交したり、仲直りしたり。

そんな体験を通じて、人間として、我慢するところは我慢する、引けないところは泣いてでも引かない、という大切な人間どうしの距離感みたいなものを習得すると思うのです。

平日に3時間以上も勉強していると、そういった人間としての成長が阻害されるような気がします。

余計なお世話でしょうが・・・。


相続・事業承継の専門家
08:27  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2016'01.08 (Fri)

「経営者のための安心ライフノート」が発売されます!!!

来週15日に、「経営者のための安心ライフノート」が発売されます。

出版社は、PHP社です。



エンディングノートといえば、巷に溢れています。

しかし、このノートは、経営者向けです。



普通のエンディングノートに無い内容が含まれています。

それは、



   事業承継や相続

   マネーマネジメント

   保険の活用

   経営理念

   会社法

   特許権などの知的財産権



などの内容です。



経営者なら気になること、準備しておくことなどのヒントが載っています。

通常のエンディングノートの項目もあります。



   私の人生、これまで、これから

   財産管理

   私の家族・親族・友人たち

   もしもの時



執筆陣は、



   弁護士

   税理士

   司法書士

   弁理士

   社会保険労務士

   ファイナンシャルプランナー

   その他コンサルタント



です。



執筆陣からもお分かりになる通り、内容が多岐にわたっていますのでざっくり読むだけでも、いろいろな側面の事が概観できます。



残念ながら、まだ売っていません。

来週までお待ちください。



実は、私も執筆者の一人です。

私としても3冊目の出版になります。



販売開始されましたら、よろしくお願いします。


相続・事業承継の経験豊富な小澤会計事務所
16:47  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑

2016'01.05 (Tue)

ビジネスプランのポイント

あけまして おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

「第3回想像力、無限大∞高校生ビジネスプラン・グランプリ」が開催されています。

今月10日に最終選考があるそうです。

高校生向けではありますが、ビジネスプランを作るうえでのポイントがありました。

(1)商品・サービスの内容
   当たり前のことですが、ここが無いとビジネスプランにはなりません。
   既存商品・サービスとの差別化がポイントだと思います。

(2)顧客の特定
   誰に売るのかは重要ですね。
   広告宣伝の方法などにも影響します。
   市場規模の算定にも必要です。

(3)必要な経営資源等
   必要とされる「ヒト、モノ、技術、ノウハウ)です。
   高校生向けなんでしょうか、カネが入っていません。
   ビジネスをするうえには絶対必要な要素がカネなんですが・・・

(4)収支計画(年間)
   ざっくり売上高、売上原価、経費(人件費、家賃、宣伝広告費、その他)、利益です。
   損益計画だけなので、大人の人は資金繰り計画も作るべきでしょうね。

主催が日本政策金融公庫なんですが、なぜかお金のことが抜けています。

ビジネスは夢物語ではないので、もう少しリアルでもいいような気がします。
あえて、お金の話を避けているのでしょうか????

取りあえず、新規事業で悩まれている方、ご参考になさってください。


   
     ビジネスプランでお困りのかた、小澤会計事務所まで
11:46  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。